子どもの可能性は無限大!

・・・・・・・・・

幼少期のスポーツの専門化は長期的な視野に立った時様々な弊害を起こすと言われており、
結果第一主義による、バーンアウト・ドロップアウトの増加や思考力の低下などが問題視されています。
WiNG GYM(ウィングジム)では、お子様の成長に寄り添い、スポーツを通じた基礎体力、思考力、
人間性の向上と競技力の向上のバランスのとれた指導を行います。

 

WiNG GYMの特徴

「できない」を、「できる!」に

少人数制

1クラス6名~12名の少人数制。子どものレベルに合わせた丁寧なレッスンで、「できない…」を「できる!」に変えます。

心を育てる

体操を通じて、自ら努力する力や、礼儀・協調性を身につけます。また、たくさんの「できた!」を積み重ねることで、自信が生まれ、失敗を恐れずチャレンジする心を育てます。

豊富な”指導経験”

選手としての競技実績に加えて、学生コーチとして元日本代表選手の指導も経験。また、子供の指導に7年以上携わっており、2歳から大人まで豊富な指導経験があります。

お知らせ

New

お知らせ一覧

 

幼少期に体操をするメリット

運動神経の基礎の構築

神経型はいわゆる運動神経の事です。脳や脊髄、視覚器 などは、

▷ 5歳ごろまでに80%
▷ 6歳ごろまでに90%
▷ 12歳ごろまでに100%
に達すると言われています。

とりわけ、プレゴールデンエイジ(3-8歳)では運動 能力の基礎ができあがる時期です。器用さ、リズム感、バランス感覚などを習得できるので、この時期に多種多様な動きを体験することが大切です。

また、ゴールデンエイジ(9-12歳)では、運動の技 術を即座に習得できる一番伸びる時期です。スポーツにおいての複雑、高度な技術もすぐに覚えることができる大変貴重な時期です。 そのためにも、プレゴールデンエイジにおいて運動感覚や基本動作を身に付けておくことが重要です。

マット、跳び箱、鉄棒、トランポリン等を通じて、 さまざまな運動を経験できる体操は、 プレゴールデンエイジ期の基礎運動習得にうってつけです。

Instagram

Gallary